人気のトピック

香取慎吾『ルーブルで初個展』の“ウソ”報道にネット民が「恥ずかしい」と批判

元『SMAP』香取慎吾の初の個展「NAKAMA des ARTS」が、9月19日よりフランス・パリで開幕した。この偉業に対してさまざまな声が上がっている。

今回の個展は、日本文化を紹介するイベント『ジャポニスム 2018』の企画の1つ。パリで個展を開けたことに対して香取は「光栄であると同時に感動と感謝しかありません」とコメント。

香取の個展は、「アートを題材にしてNAKAMAとつながりたい」というコンセプトのもとに制作された絵画、オブジェ、ファッションなどが、美術館地下の「シャルル5世ホール」に展示されている。

所属事務所は個展の反響を、「現地時間午前9時の開場前から会場を取り囲むように長い行列ができ、オープン後も列は途切れずに続いた。フランス、日本だけでなくドイツ、香港、ロンドンなどからも観客が訪れた」と大々的に伝えている。

「今回の件を、多くのメディアは“香取がルーブル美術館で個展!”と報じていますが、個展が行われるシャルル5世ホールは、ルーブル美術館に隣接する商業施設内の“無料展示スペース”です。長蛇の列と言ってもお金を払って見に来ているわけではない。なのに異様に香取を持てはやす風潮に、ネット上では『恥ずかしい』『こんな作品が日本で評価されていると思われちゃうのか…』と批判的な声が相次いでいます。そもそも今回の企画も、香取個人の能力が認められたわけではなく、『ジャポニスム2018』の広報大使を務めていたことがきっかけのコネでしょうね」(芸能記者)

SMAPを育てた元マネジャーのI女史が現在、香取、稲垣、草彅の3人をマネジメントしており、その手腕によって注目を集める施策を連発している。今回の件も、I女史の巧みな作戦勝ちだろう。

メディアをうまく利用してタレントの価値を上昇させるI女史の剛腕ぶりは凄い。一方で、I女史を失ったジャニーズ事務所は、スキャンダル報道をコントロールできず、批判まみれとなっている。

http://dailynewsonline.jp/article/1526057/

ニュースへの反応

ルーブル個展じゃないんかい
印象操作ひでーな

東京ドーム(の脇のフリースペース)で単独ライブ!みたいなもんか

ミュージシャンの海外公演も客はほとんど現地の日本人だし
まぁ昔から誰でもやってることだから目くじら立てなさんな

主演ミュージカルがブロードウェイ公演、も実際にはブロードウェイのはずれの劇場なんだっけ?

やりかたはともかく豪腕なのは間違いない

飯島の有能っぷりがただただ光る話

モンドセレクション金賞ぐらいには凄いのかな

関連ワード

エンタメ

最近あったニュース

みんなの声

  • もう人気なんか無いんだから、早よ気づきなされや

  • 過去の情報を洗ってたんだが、香取本人を含めた香取サイドが「ルーブルで個展を出す」と名言した内容が無くて、殆どが「一部メディアが伝えた」とかだった。

    「ルーブルで個展」の嘘を流したのは、香取サイドじゃなくて、マスコミ自身じゃないの?。

  • ミュージシャンの海外公演に日本人がくる事とは全く違うだろ。
    馬鹿すぎるわ。

  • 実際会ったことあるけど、プライベートは知らないけど低姿勢な人で好感持てたけどなぁ。

アクセスランキング