人気のトピック

四つんばいリレーで監督「やめてくれ」走者は骨折

広瀬監督はレース当日、各チームの指導者が集まる監督室でライブ映像を確認していた。「残り200メートルで飯田の姿が映らなくなった。それで(飯田が)倒れたのを見て、四つんばいではいつくばっているのを見た。あと何メートルかわからなかったけど、大会役員に『やめてくれ』といいました。あの状況をみたら、どの指導者でも止める」。

しかし広瀬監督の意図が主催者側を通じて、飯田のもとにいくまでにタイムラグが生じた。結局、飯田は両膝をすりむきながら、3区にたすきを渡す形となった。広瀬監督はその後、主催者側から「(監督の意図がコース上の役員に)伝わるのに時間がかかった。(伝わった時に)あと15メートルで選手(飯田)が動いていたから、見守ってしまった」と説明を受けたという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181022-00369469-nksports-spo

ニュースへの反応

駅伝の良い面と悪い面が出た場面だった。

確かに後15mなら止めにくいわな

今のご時世、棄権したらしたでネットでフルボッコにされるもんな。見てないけどドクターストップも必要だろ。

あんなもんやめてほしいわな
変な奴らが感動だなんだうるせえけど何一ついいことないわ

異様な光景だったな

関連ワード

スポーツ

最近あったニュース

みんなの声

  • これが残り一キロとかなら本人もやめただろね。
    あと200メートルなら這いつくばってでも襷を繋ぐと本人の意思が強かった。
    監督も体裁を考えやめさせると言ったものの、この映像を観て内心『がんばれ』と叫んでたに違いない。
    運営もハイハイが出来てるのと本人の意思があったから止められなかったんだと思う、

アクセスランキング