人気のトピック

大阪のセブンイレブン加盟店 営業時間を短縮して本部と対立

大阪のセブン-イレブン加盟店が「24時間は限界」と2月から営業時間を短縮。
セブンイレブン側は番組の取材に「商品の販売やサービスの提供だけでなく社会のインフラとしての役割を担っており、店舗のオーナーとは24時間営業を前提とした内容の契約を取り交わしています」とコメントしたという。

 こうした状況に小倉智昭キャスター(71)は「フランチャイズというのは名前を借りて営業するわけですから、名前を借りた先の契約については、ある程度のことはやっていかないと難しいでしょうね」と示していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190221-00000064-sph-soci

ニュースへの反応

契約通りやれなくなったら店をたためばいいんだよ。
コンビニは異常に多すぎなんだから減れば人手不足も少しは解消するだろう。

みんなの生活スタイルも変わってきてるとは思うけど、24時間店舗をここまで乱立させなくてもいいと思う。過半数の人が日常的に深夜にコンビニを使用してないんじゃないかな

もうかるところ(都会)は24時間営業すれば良いし、そうでないところ(田舎)は深夜は閉めれば良いと思う。そっちの方がトータルでもうかるというビジネスモデルを作れば良い?

フランチャイズでやらなくて直営でやればどうなの?直営なら今の3分の2は店舗無くなっちゃうね。ある程度地域にあった営業時間にすれば資源の無駄使いしなくて済むんじゃないの。

フランチャイズでやっている以上人様の看板を預かっているので契約は大事。ただ厳しい状況に対し相談もあったのだから手を差しのべられないか?本部は柔軟に対応してほしい。24時間当たり前の必要もないんじゃないかとも思える。

関連ワード

社会

最近あったニュース

みんなの声

  • はっきり言って地域の3分の2の店舗は閉店時間があってもいいんじゃない
    そもそもコンビニ店員は仕事が多すぎるよ!ほとんどの店で地域の最低賃金で深夜なんてワンオペなんてところも多いし
    そりゃ希望者も出ないよ

アクセスランキング