人気のトピック

あれから2年……幸福の「千眼美子」初主演映画が完成 公開記念イベントを覗いてみた

 2017年2月に芸能活動の休止を宣言し、幸福の科学に出家。
芸名を清水富美加から改名した千眼美子(24)が初主演映画「僕の彼女は魔法使い」の公開記念イベントを行った。

参加した元ファンは、「清水富美加のころからバラエティの仕切りも上手かったんですけど、相変わらず、可愛かったし、アドリブも上手かった……それだけに実に惜しいですね」と残念がる。

この後、バレンタインデーとして“チロルチョコ”とクリアファイルが1人ずつ本人から手渡され、ハイタッチができたという。

「あとでクリアファイルを見てみると、手描きで“幸あれ♡ 千眼美子”とサインしてありました。1枚1枚書いたんですかね。これが清水富美加ならもっと良かったんですけどね」(元ファン)

 ところで映画は観るのだろうか? 

「本人と会えたので、映画はいいですよ。若く見えるけど、さすがに高校生役は無理があるでしょう。それで魔法使いとか言われてもね。製作総指揮と原案が大川総裁だそうですけど、もうちょっといいストーリー思いつかないんでしょうか」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190225-00557026-shincho-ent&p=1

ニュースへの反応

映画にしても選挙にしても人気が出ないことを大川は予言できないんでしょうか

入信してる連中がそれなりに居るだろうから、こういうイベントでも一杯になるのだろうな。この映画の監督、スタッフ、キャスト、全員信者だろw

予告見たら死ぬほどつまらなさそうでワロタ

記事にもあるように清水富美加に関しては「もったいない」の一言
女優として逸材だったと思います
特に「家政夫のミタゾノ」視聴者の多くはそう感じているかも

関連ワード

エンタメ

最近あったニュース

みんなの声

アクセスランキング