人気のトピック

高須克弥氏が整形告白ブームに待ったをかける「後のことまで考えて」

今年3月3日、有村架純(26)の姉でタレントの有村藍里(28)が「気になる口元を変えたい」と、あごまわりの骨を切り、動かす、“輪郭形成・骨切り術”という整形をしたことを自らのブログで告白。同日には、人気ドキュメンタリー番組『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)で、その様子に密着した内容が放送されるなど、テレビでもネット上でも大いに話題になった。

4月にはタレントの水沢アリー(28)が『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)に出演し、デビュー直前に整形していたこと、整形回数は「把握してないぐらい」などと告白。

はたして、整形はオープンにするべきものなのか? また、整形で幸せになる人・ならない人の違いは? 美容整形外科「高須クリニック」高須克弥院長に話を聞いた。

骨切り術のデメリットとは
──有村藍里さんの整形告白には驚きましたね! 骨を切っちゃうなんて!

高須「実はね、この“輪郭形成・骨切り術”って、高須クリニックの昔からのメニューで、業界的にはだいぶ前から行われているものなんだよ」

──そうなんですか! SNSでは「私も骨を切ってみたい!」との声が多く上がり、話題の新しい施術かと思ってました。

高須「昔はボトックスもない時代。だから有村さんみたいな小顔願望のある方には、骨を切る施術をすすめてたんだよ。悪いものじゃないんだけど、外科的要素が多いので医師の技術に左右されるし、ダウンタイムが最低6週間は必要なのがデメリットと言えるかな」

告白する・しないは自由だけど…
──新しいクリニックは最新技術だとか、きれいな待合室などで目立ちますが、やはり老舗の力は医療でも大きいんですね! ところで最近はタレントだけでなくYouTuberなど、整形をカミングアウトする若い女の子が増えていますね。

高須「売れないタレントは自分自身をネタにしがちだからね。そのときは一瞬、メディアにたくさん取り上げられるし、オイシイと思うのもわかる。でも、売れっ子美人芸能人は同じ整形をしても、そういう対応はしないかな」

──売れている芸能人の整形とは、どのような感じなのでしょうか?

高須「ベースがきれいな方なら、望むことは“いかに今の売れているルックスをキープできるか”ということ。なので、ボトックスやヒアルロン酸、ウルセラ、フォトフェイシャルなどで、今の顔をキープするためのケアをする方が多いね。ガッツリ直す方は、デビュー前にできるだけ仕上げたい人か、デビューしたもののネタがない人に多い印象です」

──しかし最近は、コンプレックスや整形をオープンにすることで女性たちの共感が集まり、人気につながるようになりました。

高須「“ネガティブ商売”っていう新ジャンルなのかな? でも、やはり公表しない方はしないし、そもそも整形はプライベートなもの! 告白する・しないは自由だけど、後のことまで考えたほうがいいかもね」

──では、顔のコンプレックスで悩んでいる女性へアドバイスをお願いします!

高須「どうしても気になることがある人は、まずカウンセリングへ! 見た目がきれいになると自信がつき、明るくハツラツとなることも多いからね。あと、超タレ目にするとか、いま流行の顔はやらないこと! 10年後には流行遅れの顔になっちゃうよ! 流行や誰かのまねじゃなく、自分の顔に合った整形をしましょう」

http://news.livedoor.com/article/detail/16514775/

ニュースへの反応

本業に関しては思考がまともだよな

まっとうな意見だな

最後の言葉は確かに
涙袋とかも若い頃は良くても年取ればそこに弛みが加わって大変なことに

流行りの顔を追っかけたくなる気持ちもわかるがな
一昔前にもてはやされてた顔は今見るとやっぱアレだし

どんなに金かけられても、
マイケルみたいに崩れちゃうとねぇ

関連ワード

エンタメ

最近あったニュース

みんなの声

  • 整形もそうだけど、タトゥーも同じだね。
    一時的なおしゃれが、今後どれだけ生活の妨げになるかわかってない。

アクセスランキング