人気のトピック

堀口一史座七段、藤井聡太戦対局前に畳の上に転がる嫌がらせをするが午前中で投了

将棋の第78期名人戦順位戦C級1組2回戦、藤井聡太七段(16)と堀口一史座(かずしざ)七段(44)戦が2日、関西将棋会館で行われた。

堀口が対局室の「水無瀬の間」に現れたのは対局開始予定時刻10時の直前となる午前9時57分。コンビニエンスストアの大きな紙袋にペットボトル、お菓子などを大量に入れ、現れた。堀口は対局室に入って来ると、両手を広げ、アクションスターさながらのポーズを決め、さらに畳の上にわざと転げた。人為的な“ハプニング”の発生に藤井は厳しい表情を見せた。

両者が駒を並べ終えると、記録係が「対局時間が過ぎていますので、始めてください」と伝えた。

両者は初顔合わせ。藤井は順位戦C級1組の開幕戦で村田顕弘六段(32)を破り、白星発進している。

持ち時間は各6時間となる。通常なら夜遅くの決着となる。
 


 


 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190702-07020220-nksports-soci

ニュースへの反応

これ恥ずかしいっていうか頭おかしいと思う

おもしろいw
でもダダ滑りで切ないw

そりゃこんな空気になるよ
てかこの季節にダウンジャケットって…

ダウンジャケットを来てダウンするただのギャグだよ

やっぱ髪の毛って大事だな
陽気で愉快な人から一気に不審者になる

なんだこれw
棋士ってのはごく一部の限られた天才たちの世界だと思ってたけどアホもいるんか

棋士ってなぜか羽生さん周辺に紳士的な
人が多いというだけで
徹底的に変わり者の集団なのね

指し手はまともで、途中で退席したり奇声を上げるわけでもない。
キチガイを演じてるだけだろw

関連ワード

エンタメ

最近あったニュース

みんなの声

  • 勝てないとわかってるから奇襲を掛ける。
    やる前から勝負は決まってる。

  • タイトル戦の直前に羽生らの証言で不正の嫌疑を掛けられ、(休場届の件も重なって)出場停止処分にされた上、全てが終わった後で「不正は無かった」と半ば強引に和解させられた"三浦さん"に比べたら、試合に出られるだけ良かったほう。

アクセスランキング