人気のトピック

吉本「死亡しても一切責任負いません」

死亡しても責任は一切負いません、賠償請求もできません――。所属芸人の多くと契約書を交わしていなかった吉本興業が、そんな規約を承諾する誓約書を提出するよう、芸人養成所「NSC」の合宿に参加を希望する研修生に求めていることがわかった。

吉本興業が提出を求めていたのは、9月9~11日に静岡県掛川市で同社が主催する「NSCお笑い夏合宿」に参加するための誓約書。合宿費用は税込み4万500円で、参加を申し込む場合、同社が示す「規約及び注意事項」について、「私の保護者も含めて熟読、十分に理解したうえで参加する」と記された誓約書に署名し、提出するよう求めている。

しかし、3年前に顧問弁護士の指摘を受け、「責任の一切は免除される」などの記載を修正したという。今年の規約に記載されていることについては、「今年になって担当者が代わり、引き継ぎがうまくいかずに修正前の規約を渡してしまった」としたうえで、「生徒と親御さんに与えた不信感を払拭(ふっしょく)できるよう説明していきたい」と謝罪した。

 同社は合宿の内容について、「プールで大喜利をしたり、ギャグで競い合ったり、罰ゲームはおかずの一品を減らす程度で、命の危険はない」と説明している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190731-00000003-asahi-soci

ニュースへの反応

吉本も会社なんだから
こうした内容はそりゃ世間から批判浴びるでしょう!
是正が必要ですね!

毎回言い訳がひどい。
子供が考えているのかと思うレベル。
やっぱり会社にも問題があると証明されたようなもの。

死ぬリスクがある仕事に吉本は行かせるという事でしょうか。昔紳助の番組で雪山登山させて指が凍傷でダメになった芸人がいたから、そういうリスクを回避するための誓約書かもしれないな。

引き継ぎが上手くいかなかったとしているが、担当者は書面の内容を把握した上で渡しているのでしょう?
これをおかしいと思えない感覚がダメなんですよ。この内容で本当にいいのか?って、渡す前に考えないと。自分の頭で。
いつまでたっても会社の体質は変わらないよ。

吉本にとって困る内容だけは
誓約させ、本人達が知りたい契約は
無しでは、流石にブラック過ぎる。

関連ワード

社会

最近あったニュース

みんなの声

アクセスランキング