人気のトピック

佳子さま、市民ホールでダンスを披露大歓声も 10人以上の警護スタッフが立つなど超厳戒態勢

10月6日、秋篠宮家の次女・佳子さま(24)の姿が、1000席近くを有する、都内の市民ホールのステージ上にあった。
「地元ダンススクールの発表会です。佳子さまは、数年前から通われる上級者。今年は、猫耳姿やおへそまで披露され、大歓声を浴びていました」(観客)

3月にICUを卒業し、公務に専念されている佳子さまだが、進学や就職はなさらず、いわば充電中の日々。学生時代から情熱を注ぐダンスの、晴れ舞台をバックアップすべく、会場周辺は超厳戒態勢だった。
「客席の左右後方に、10人以上の警護スタッフが仁王立ち。観客はスマホに触れるだけで、即注意されていました」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191028-00010000-flash-ent

ニュースへの反応

しかしながら、そのダンス大会に参加するために、一体何人のSPがつけられているのでしょうか?
そのSPは警察官。いわゆる税金で警護をつけている。
プライベートなダンス大会への参加なら、SPを最低限に抑えて出場することはできないものか?
自分達皇族に多額の税金が使われている・・・という自覚が低すぎる。

若いから好きなことに取り組むとこは悪いことではない。
でも税金で成り立つ身と言うことだけは分かって欲しい。親もそこをきちんと躾として言うべきだよね…。

趣味をもつのはいいけどなぜ就職しないのか?本当に秋篠宮ご夫婦の育て方間違いましたね。

もう一般人になったらいいのに。一般人だとこんなに注目されませんけどね。

関連ワード

エンタメ

最近あったニュース

みんなの声

アクセスランキング