人気のトピック

首里城の瓦職人「当時の職人が他界し再現不可能」「焼け残った赤瓦の再利用を」

首里城の火災をめぐり、沖縄県内の瓦職人でつくる組合が、首里城の正殿に使われている瓦を再現するのは不可能だとして、焼け残った瓦を可能なかぎり再利用するよう訴えた。

県琉球赤瓦漆喰施工協同組合・田端忠代表理事は、「1枚でも2枚でも残ってもらえたら、復興のシンボルとか、教訓とか、いろんなものの役割を果たしていただけるんじゃないかなと」と述べた。

瓦職人の組合によると、正殿に使用された5万5,000枚の瓦は、現在では採取が困難な土を原料にしている。

また、土の配合や、焼く温度を知る当時の職人が他界しているという。

こうした状況から、組合は、首里城の瓦を再現することは不可能だとして、焼け残った瓦を廃棄せずに、可能なかぎり再利用するよう、沖縄県に要請している。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20191105-00426710-fnn-soci

ニュースへの反応

技術を残さずに死んでしまったのか

再建されたばかりの建物に使われた技術が、すでにロストテクノロジーとは……
いやマジで、けっこう国費と時間をかけて建て直しをして、当該部署はいったい何をしてたんだ?
技術の保存や継承だって、事業の目的に含まれてたんじゃあないの??

金にならんからな、伝統的な技術は今や壊滅よ、瓦に限った話じゃない

見た目が一緒なら成分なんていいじゃないか

似てればいいじゃん
誰にも分からないんだろもうwww

そんなにかわらないだろ

そもそも焼けた首里城の屋根も適当だからな
戦前の首里城の屋根のカラー資料が無く、聞き込みでは赤だ黒だとバラバラ。
とりあえず赤い屋根で再建してみたけど後日アメリカにカラー資料残ってて見ると、実は黒でしたという。。

瓦利権の始まりであった

関連ワード

社会

最近あったニュース

みんなの声

  • >>県琉球赤瓦漆喰施工協同組合・田端忠代表理事

    記事通り赤瓦が再現できないならこの組合って何やってるんだ?

  • 当初、組合の会長さんは技術の伝承は出来ているから十分作れるが時間はかかるとか言ってましたよね?

アクセスランキング