人気のトピック

’75年生まれ向け雑誌『昭和50年男』が隔月刊化 表紙「電影少女」

昭和50(1975)年生まれの男性をメインターゲットとした雑誌「昭和50年男」のVol.03が、2月10日に発売された。
同号の表紙を漫画家・桂正和氏の代表作「電影少女」のメインヒロイン・天野あいが飾っている。価格は780円(税込み)。

「昭和50年男」は2019年10月に「アンダー400」の増刊号として創刊され、今号で隔月刊として独立。昭和50生まれの男性にとって思い出深い、さまざまなメディアに登場した魅力的な女の子を振り返る「オレたちの女神(MEGAMI)」と題した特集を展開している。

「電影少女」や「ウイングマン」といった、桂氏のラブコメ作品に登場したキャラクターを紹介するほか、同氏が美少女キャラクターの創造秘話を語るインタビューも掲載。
あだち充氏の「タッチ」の浅倉南に焦点を当てた記事や、「魔法の天使クリィミーマミ」で主人公クリィミーマミ(森沢優)役を務めた太田貴子、「餓狼伝説」「ザ・キング・オブ・ファイターズ」といった格闘ゲームのイラストで知られる森気楼氏へのインタビューなども収録されている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200214-00000002-eiga-movi

ニュースへの反応

おっさんど真ん中世代

週刊氷河期

就職氷河期を相手に商売が流行ってんのか

1975年生まれならどちらかというとウイングマン世代の方が近いよな

75年生まれだけど電影少女は違うんだよボケ!
まだウイングマンなら分かるが桂正和よりきまオレの鮎川だろーよ

前の号がキン肉マンだったな。
俺も世代だから買ってるけどネタ切れ起こしそう

小学生の頃はキン肉バスターや翼のオーバーヘッドのマネして怪我して
ビックリマン、ミニ四駆、ガンプラで遊んで
中学の頃はドラクエやFFにどハマりし
高校でトレンディドラマが流行って
大学行ったら不景気で仕事なくて
社会人1年目でいきなりつまずいた世代か

関連ワード

エンタメ

最近あったニュース

みんなの声

アクセスランキング