人気のトピック

東京五輪中止に向けてアメリカ政府が出した“極秘通達”

7月24日から開催予定の東京五輪に、衝撃の情報が駆け巡っている。
「アメリカ政府とつながりのある一部の航空会社とホテルチェーンに『東京五輪のキャンセル』について、極秘で通達があったのです。新型コロナウイルスを取り巻く状況が劇的に改善されない限り、東京五輪はキャンセルされる。延期はない。いまから備えておけ、ということでしょう」(在米ジャーナリスト・伊吹太歩氏)

なぜ、アメリカ政府が開催中止に言及できるのか。伊吹氏は「五輪は完全にアメリカファーストだから」と言う。

「米テレビ局『NBCユニバーサル』は’22年から’32年まで77億ドル(約8050億円)で独占放映契約を結んでおり、IOC(国際オリンピック委員会)の収益の半分を占めている。アメリカの言いなりにならざるを得ないのです」(前出・伊吹氏)
アメリカの代表選手が来日できること。それが開催の絶対条件だが、アメリカ国内で感染者数が急増している現状を考えると厳しいと言わざるを得ない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200313-00000001-friday-soci

ニュースへの反応

さて、IOCはどう動く。
なお中止だ延期だと騒いでいる人がいるが、延期や中止を決めるのは実はIOCだけで、東京の組織委員会にはその権限はない。

少し前までは、トランプ大統領もやると言っていたのに、変わったってことはそういうことなんだと思う。
1年延期は妥当。
1年後にやれるかはその時にならないとわからないけど、今年よりはいいと思う。

トランプさんの言及から一気にトーンが変わりましたね。
正直、今年無理をして開催しても良い事は無いように思いますが、出場を目指してきたアスリートの方々を思うと複雑です。
それでも「とりあえず何とかカタチだけでもやり遂げました」のために開催するオリンピックならしない方がましだと思います。

IOCはWHOに従う、と責任を回避しています。
しかし、WHOは中国政府に支配されているので、オリンピックは中国政府・習近平の手に委ねられたのではないでしょうか。
結局、オリンピック開催国日本は蚊帳の外で、大スポンサーである米国と、中国政府がネゴし、開催するか中止をするのかを決めるのでしょう。

極秘情報が漏れてるじゃないか!? 世界がこの状況では無理そう…延期ならまだ良いほうな気がしますね。

関連ワード

社会

最近あったニュース

みんなの声

アクセスランキング