人気のトピック

コロナウイルスにかかったら飲んではいけない薬:仏厚生大臣が発表

フランスの厚生大臣オリヴィエ・ヴェラン氏が、コロナウイルスに関して、イブプロフェンを服用しないほうがよいと推奨した。

イブプロフェンとは、非ステロイドの性抗炎症薬(NSAID)に属する。これは、炎症や痛みなどを抑え、熱を下げるために使われるものだ。しかしこの薬は、既にかかっている感染症を悪化させ、合併症を伴わせる可能性があるのだという。(筆者注:イブプロフェンは市販の薬に使われている)

:厚生大臣は、自身のツイッターで、「!コロナウイルス:感染者が(イブプロフェンやコルチゾンなどの)抗炎症薬を服用すると、感染を悪化させる要因になる可能性があります。熱がある場合は、パラセタモール(別名:アセトアミノフェン)を服用してください」「すでに抗炎症薬を服用している場合、または疑わしい場合は、あなたの医師に助言を求めてください」とメッセージを送った。

(中略)

最終的に服用する薬の判断は、読者の信頼する医師にゆだねることにする。

https://news.yahoo.co.jp/byline/saorii/20200315-00167830/

ニュースへの反応

ほとんどの風邪薬に入ってるだろこれ

アセトアミノフェンってバファリン、ノーシン、セデスとかこの辺全部やん

バファリンA(大人用)はアスピリン(アセチルサリチル酸)。
バファリンC(子供用)はアセトアミノフェン。
インフルエンザの子供にアスピリン投与すると合併症起こすので禁忌。
似たような禁忌は色々あるからちゃんと説明書は読むべきだね。

解熱剤は飲んだらダメだ、っていう話だな。
発熱はウイルスと戦うための自然現象なのに、熱をさげたらウイルスを殺せなくなる。
日本の医者は、簡単には解熱剤を出さないと思うけど。

基本的な知識
ウイルスや細菌に対して咳、くしゃみ、発熱して身体を守ろうとする働きがある
それを抑えるのが風邪薬や解熱鎮痛剤
つまり身体を治すのを邪魔してるわけ
解熱鎮痛剤っていうのはロキソニンであってもイププロフェンであっても
ボルタレンであってもアスピリンであっても結局は同じこと
まだ薬飲んで家で寝てたら良いが、熱が下がって楽とか言って用事する馬鹿が
肺炎になったり長引いたりする
風邪ひいたら葛根湯飲む頭は冷やす体は温めるうどん食う寝る
これが最善の方法

バージンオイルにはイブプロフェンに似た成分が含まれてるらしいけど、
まさかそれがイタリアの感染爆発の原因だったりして

関連ワード

社会

最近あったニュース

みんなの声

アクセスランキング