人気のトピック

元ヤクルト監督の関根潤三氏、死去、93歳 投打二刀流としても活躍

元ヤクルト監督の関根潤三氏、死去、93歳 投打二刀流としても活躍

1950年の2リーグ分立後に通算1000安打以上と50勝以上をマークしたプロ野球ただ一人の選手で、引退後は大洋(現DeNA)、ヤクルトで監督を務めた関根潤三氏が9日午前9時45分、老衰のため東京都内の病院で死去した。93歳。東京都出身。

関根氏は旧制日大三中(現日大三高)から法大へ進み、東京六大学リーグ歴代4位の通算41勝(30敗)を挙げた。

プロ野球が2リーグに分立した50年、球団創設1年目の近鉄に入団。投手として通算244試合に登板し65勝94敗、防御率3・43の成績を残すとともに、打力を買われて野手としても出場した。

投手では、57年に2試合に登板したのを最後に外野手に専念。65年に巨人でプレーした後、引退した。通算打撃成績は打率・279、1137安打、59本塁打、424打点。

オールスターには史上初めて投手と野手の両方で出場した(投手で1度、外野手で4度)。大谷の出現で注目を浴びた“二刀流”について、関根氏はかつて、サンケイスポーツのインタビューで「僕は“二刀流”といっても、どちらも二流で終わったものね」と語っていた。

引退後は70年に広島で打撃コーチを務め、衣笠祥雄らを指導。75年は巨人のヘッドコーチ、76年は2軍監督として、長嶋茂雄監督を支えた。82-84年は大洋で、87-89年はヤクルトで監督を歴任。Aクラスは83年(3位)の1度だけながら、ヤクルト監督時代は池山隆寛、広沢克己らを主力に育てるなど若手の育成に定評があった。

その後はフジテレビ、ニッポン放送などで解説を務め、ソフトな口調ながら、プレーの善しあしをはっきりと口にして人気を博した。2003年に野球殿堂入り。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200409-00000556-sanspo-base

ニュースへの反応

長生きされたんだな

元祖二刀流だな

なつかしいな。俺が物心ついたころから、おじいちゃんだった。
テレビ中継の解説やプロ野球ニュースは良かったな

関根潤三語録
・よろしくどうぞ
・野球って怖いね
・(実況に試合のポイントを聞かれ)先に点をとった方が有利ですね 
・(ヤクルト連敗の際実況にコメントを求められ)なんていうか…覚せい剤が欲しいよね
・(実況に尋ねられ)わかりません。見てればわかります
・(実況に尋ねられ)わかんない!
・(実況に尋ねられ)わからん!わからん!

関連ワード

エンタメ

最近あったニュース

みんなの声

  • 玉打ち遊びに人生かける子供が減りますように

アクセスランキング