人気のトピック

東野幸治「40代は年下の話を聞いたほうがいい」

東野幸治「40代は年下の話を聞いたほうがいい」

前編では、エッセイ集『この素晴らしき世界』執筆の経緯から、マイナー芸人ばかりを取り上げた理由や本の魅力についてなど語ってくれたタレントの東野幸治さん。後編では、40代が生きる上で「大切にしたほうがいいこと」などについて聞いた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200419-00341164-toyo-soci

ニュースへの反応

若い方の話を聞く、わかる気がします。
年代が違うと視点も考え方も違うと感じることが多々あります。
いろいろ参考になるし、改めて考えさせられたり新たな発見があったりで、自分自身のためにもなります。

今40代、一回り上の上司がいる。車出して貰っても食べもの買ってきて貰ってもありがとうすら言わない。挙句の果てには、部下にくっついて奢って貰う。勿論何も言わない。
それでも学ぶところはあると思う。ようは相手が、誰であろうとも聞く姿勢を持つ事。話しを聞く人は可愛がられる

自分も仕事を始めた頃、40代の上司と飲みに行ったとき、よく、こういうのはどう思う?
と聞かれ、ベラベラ話してた記憶がある。

自分の武勇伝を声だかに語るのではなく、人の話を引き出せる人が優れた人なんだと思った。

そのためには先ず、自身のつまらないプライドを捨てなくてはいけない。つまらないプライドを捨てるには、自身の能力を客観視したうえで、正しいプライドを持つことが必要になる。

歳下から学ぶ姿勢は必要。
歳下に威張ってるおじさんは痛々しいし教養のなさが目立って苦手。分け隔てなく歳下にもはじめは敬語使うくらいがちょうどよい。

関連ワード

エンタメ

最近あったニュース

みんなの声

  • いや、若者の主張を「聞いてあげる」必要は高い。でもそれはそうしないと駄々をこねて動かないから。正直その程度の話が大半。

    情けないのは、こういう話にすぐに迎合する40代が大半だという事。


  • ちょっと何言ってるか分かんないです。


  • 若い奴は大した事ないけど、プライドだけは高いから、話を聞いてあげないといけないのは確か。

    でも最も情けないのはそんな若い奴らに、文句言われたくないからって媚を売る40代が多い事。

    って言ってるんだよ。

  • 年代に拘らず、人の話しをフラットな気持ちで聞くのは大切だと思う。
    大した事を言っていないかもしれないけど、凝り固まって気付かなかった事に気づくことも。
    話しを聞いて、そこから情報を取捨選択するのも上役の役目だと思っています。
    こういうのは仕事の内容によって変わるだろうから、一律でこうとは言えないけど。

アクセスランキング