人気のトピック

<沢田研二>「キネマの神様」で志村けんさんの代役「やり遂げる覚悟」

新型コロナウイルス感染症のため3月29日に亡くなった志村けんさんが主演を務める予定だった映画「キネマの神様」(山田洋次監督)に、歌手で俳優の沢田研二さんが志村さんの代役として出演することが5月16日、明らかになった。沢田さんは「志村さんの、お気持ちを抱き締め、やり遂げる覚悟です」とコメントしている。

沢田さんと志村さんは、かつて同じ事務所の先輩後輩という間柄で仲が良く、テレビ番組「8時だョ!全員集合」(TBS系)や「ドリフ大爆笑」(フジテレビ系)、ラジオ番組「沢田研二・志村けんのジュリけん」(文化放送)など共演も多い。

映画は、1920年に松竹の前身となる松竹キネマ合名社が設立され、今年で100周年を迎えることを記念して製作。同年は、数々の名作を製作した映画スタジオの蒲田撮影所が開所した年でもある。原作は人気小説家の原田マハさんが自身の家族、経験を基に書き上げた「キネマの神様」(文春文庫)で、“家族”をテーマとした物語を過去と現在パートで描く。

公開は、当初予定されていた2020年12月を見送り、2021年で調整をしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200515-00000033-mantan-ent

ニュースへの反応

似てるもんな

志村と一緒にラジオもやってたな
毎週聴いてたわ
話し声も似てるんだよなこの二人

この記事がようやく活きたな

いま似ても似つかぬほどの大デブじゃん

面白いもので、最終的な見た目は雰囲気込みで志村の方が良くなったな
本当に面白いものだ

なぜか当時似ていた二人。
でも当然似て非なる二人だし、それは晩年になって差が開いた気がする。
おそらく全然違う作品になっちゃうんだろうなあと思う。

タイガース時代はグループサウンズの頂点を極めて、知らない人がいないぐらいのアイドルスター。
解散後も音楽活動をを続けて、一時期はパフォーマ―として日本のミック・ジャガーみたいな感じの
時もあったけどな。
事務所の先輩のピーナッツの片割れ(だいぶ年上)と、無理から結婚してからちょっとおかしくなって
きちゃったな。あれは何だったんだろうと今でも思う

関連ワード

エンタメ

最近あったニュース

みんなの声

アクセスランキング