人気のトピック

EXIT「兼近大樹」の父親がリフォーム工事をめぐり裁判沙汰

「兼近さんのような悪徳業者とは、徹底的に戦います。楽しみにしていたマイホームをズタズタにされたんですから」

そう怒りを露わにするのは、40代の主婦・Aさん。

いま、“兼近” といえば兼近大樹(29)だ。“ネオチャラ” 芸人として大ブレイク中のお笑いコンビ・EXITのボケ担当で、その父・勇治氏が札幌市で営むのが「石狩住建工房」。そんな勇治氏が請け負ったリフォーム工事が、いま裁判沙汰に発展しているという。

「工事の打ち合わせの際、自分から “息子がテレビに出ている” と話してきました。連絡用のLINEのアイコンも、EXITの写真でした」(Aさん)

2018年7月、Aさん夫妻は、北海道労働金庫でリフォーム代も含む住宅ローンを組み、中古の一戸建てを購入。内装・外装のリフォームを、石狩住建工房に依頼した。労金のリフォームローンは、業者が作成した見積書をもとに、融資担当者が工事の仕上がりを確認する。そこで初めて融資が下りる仕組みだ。

Aさんによれば、勇治氏は、この見積書を外装工事のみであるかのように “偽装”。外装工事だけが終わった時点で、労金から融資が降りるように、ことを進めたという。

また融資が下りると、「工事代金は完了後に支払う」ことになっていた当初の契約内容に反して、最初に全額を現金で支払うように、しきりと持ちかけてきたという。

「『そのほうが材料費や工費を安くできるし、ほかの客も皆そうしている』と言うんです。私たちも、知人からの紹介だった兼近さんのことは信じきっていたので、言われるまま最初に521万円を支払ってしまったんです」(Aさん)

だが、2018年中には終わるはずの内装工事は、いっこうに進まなかった。催促しても、「遅延は職人の怠慢のせい」などと、言い訳を並べては何度も延期。2019年6月には、「早く工事を終わらせたいなら、追加で代金を払ってほしい」と通告。さらに同年8月にあった、勇治氏とAさんとのやりとりはこうだ。

「現場に私たちが別の業者を呼んだので、『(勇治氏が雇った)職人が腹を立てて引き上げてしまった』と言いだしたんです。こっちは兼近さんに頼んでいるのだから、別の業者なんて呼ぶわけがないじゃないですか」(Aさん)

結局、勇治氏はAさんに「弁護士から連絡させるから待っているように」と言ってきたきり、連絡を絶ったという。

以下省略、全文はソースで

https://news.yahoo.co.jp/articles/33e139eee5240e8ab0a2d180bd0791a9fe1d4d5d

ニュースへの反応

あ~あ、親子揃ってまあ

血は争えない
吉本は本人の問題じゃないでスルーだろ
本人の問題すらスルーするんだから

でもこれでもテレビに出続けるんだろ?
未だに実は良い人仲良しコンビキャラやってるの呆れる

芸人の兼近やたら押されてるけど、まじでやばい奴だと思う
過去を何度も暴かれてるのにノーダメだった理由が全くわからんわ

批判してる奴らいるけど事実がどうであれ息子には関係ないだろ
本人は芸能界で再起してるんだからセカンドチャンスを潰すのはおかしなこと

息子には関係無いけど、親が「息子の名前使って商売してる」訳だから、その息子が話題になるのは仕方ないよ
この件で息子が責任取れとは誰も言ってない訳だし

リフォーム屋ってこれ多いよな

リフォーム業者は資格無しで営業できるから詐欺紛いの似た話は結構ある
だから金額だけで決めたらアカン

悪質リフォームほ本当に多い
老人騙すとか日常茶飯事
一人親方のとこは特に無茶苦茶

関連ワード

エンタメ

最近あったニュース

みんなの声

  • EXITの兼近大樹は悪質であり、反省も更生もしていない、でググれ

  • 工務店とかやってる奴、基本元ヤンの学なし常識なしが大半。ペラペラのバカのくせに一人前に金には執着しやがる。まともに努力することが苦手だから、安易に稼げる詐欺紛いの仕事をしてる。揉めていざとなるとヤンキー魂ちらつかせてイキッて脅してくる。
    こんな奴らだと思って対応しないといけないよ。

  • いつ見てもクリス松村にしか見えないんだけど

  • 売れてる人を見ると必ず落としにかかるやついるよね
    ずーーーっと良い子じゃないと芸能人になってはダメらしい

  • 多少のオイタの範疇じゃないだろ
    ガッツリ犯罪者の肩持つ方がおかしい

  • この件で分かるのは、兼近は親子で道徳観がないと言う事。おそらくだがこの一族、家系はそんな人達なんだろう。才能はあるのだから、活かして頑張るのはいいが、そういう目でこいつは見ておかないと、結局自分さえ良ければいいという根性で他人を平気で裏切ったり利用したり陥れるだろう。兼近を見て楽しむのはいいが、こいつは絶対に信用してはいけない。

  • 兼近大樹は昨年の2019年に週刊文春によって過去の犯罪歴が暴露された。

    2011年11月、売春防止法違反の疑いで北海道厚別署に兼近大樹は逮捕された。
    未成年の少女に売春を斡旋していた容疑である。
    兼近大樹は容疑を全面的に認め、罰金刑(10万円)の有罪判決を受けた。
    裁判所から有罪判決を受けたということは、立派な前科である。

    しかもその後に、兼近大樹はホスト宅である北海道中央区のマンションに侵入し、一千万円の入った金庫やブランド時計などを盗み出して逮捕されている。
    他にも、働いていたバーのお金を持ち逃げしたりと、多くの犯罪に手を染めてきたようである。

    法の下に逮捕されて罰せられてはいるが、兼近大樹は反省もしていないし更生もしていないことが明白である。
    理由は簡単だ。
    本当に自分の犯した罪を反省し更生しようとしている人間は、自分のことを恥じているので、人前に進んで顔を出そうとはしないからだ。
    テレビに出て有名になって金を稼ぐことを選んだ兼近大樹は、過去の罪が明らかになった今でも平気な顔でテレビに出続けている。
    本質的に兼近大樹は、逮捕された時と変わっていないのだ。
    バカでクズなままである。

アクセスランキング