人気のトピック

ジョコビッチ、壁に打った球が線審の喉元を直撃 失格となり4回戦敗退

現地時間6日の全米オープンで、ノバク・ジョコビッチが4回戦で敗退した。
第1セット終盤、ジョコビッチが壁に向けて打ったボールが線審の喉元を直撃。
線審は一時動けなくなり、ジョコビッチは危険行為により失格が告げられた。
https://news.yahoo.co.jp/articles/2bd8403f331ba736164b1e7aff9fd461c9827603

ニュースへの反応

確かにわざとではないが結果が全て。主催者の判断は妥当。テニスではよくイラついてもモノにあたるのを見かけるが、自戒せよということですね。

そもそもなんだが、怒りに任せてラケットを折るとかボールを叩きつけるというのは、全然スポーツマンシップを感じない。その行為そのものを警告対象とするべき。
見苦しい。

前々から思っていましたが、テニス選手はラケットを叩きつけて壊したりする場面がとても多い。
他の競技ではあまり見ない気が。

残念だが、この人だからこそ起きたことと言える。
感情をコントロールするのは簡単ではないが、本当の一流プレイヤーを目指すならやらなくてはならない。

関連ワード

スポーツ

最近あったニュース

みんなの声

  • テニス界全く紳士的じゃないよね。不倫はザラだし
    ビックリするほどのヤリマンとか子供生まれてすぐ妻子捨てるとか
    テニサーはヤリサー多いけどプロも同レベル。気取ってんじゃあないよ

  • ↑僻みと嫉妬丸出しで草。

  • ざっこ

  • ダッサ
    熱い(短気な)人多いよね、性格的問題

  • 勝負事だから闘争心が強くないとダメなんだろ。コントロールできないのはダメだけど、一流と言われる人なんだから、その辺りもできてるんじゃないかな。たまたま今回はアレだったけど。

アクセスランキング