人気のトピック

京都高島屋の広告が物議を醸す「京都は世界の敵だったのか…?」

京都高島屋のある広告がSNS上で、物議を醸している。

問題となっているのは、マスクを着用した女性と、上の方へ向かって泳ぐ鯉が描かれた京都高島屋の広告。広告には英文で「Rising Again.Save The World from Kyoto JAPAN.」と記されていた。

しかし、この「Save The World from Kyoto JAPAN.」を直訳すると、「京都から世界を救おう」という意味に。日本で暮らす外国人がSNSに投稿した広告の写真をきっかけに、日本国外から驚きの声が殺到した。

「この英文について、おそらく『世界を守ることを京都から始めよう』という趣旨の呼びかけがしたかったと思われますが、日本語でもダブルミーニングとなってしまっている『京都から世界を救おう』をそのまま英語にしたことから、意味が異なる英文になってしまった様子。正しい英文として、『Rising again from Kyoto. Save the world.』『Save the world, let’s start it from Kyoto Japan』などがネット上で上がっています」(芸能ライター)

https://news.livedoor.com/article/detail/19192675/

ニュースへの反応

無理して英語なんて使うからだよ。

成る程。「京都から世界を救おう」をGoogle翻訳に掛けると「Save the world from Kyoto」になるな。

英語のできないコピーライターと
英語のできない広告代理店ディレクターと
英語のできない高島屋広報の
奇跡のコラボによりできた作品

京都人特有の言い回しなんだろ

「ぶぶ漬けでもどうどす?」→「Get out of here(ここから出ていけ)」
「元気なお子さんやねぇ」→「Shut that boy up.」(その子を黙らせろ)
「お嬢ちゃん、ピアノ上手になったなぁ」→「It is noisy.」(うるさい)
「考えとくわ」→「No thank you.」(結構です)
「綺麗な柄やねぇ」→「It is too flamboyant.」(派手すぎる)
「似合いますなぁ」→「You look shabby.」(みすぼらしいですね)
「こんなお上品なものを」→「I don’t need this.」(私には必要ありません)
「いい時計してはりますなぁ」→「I’m tired of your long talk.」(あなたの長話に疲れました)
「よう勉強してはりますなぁ」→「Mind your own business.」(余計なお世話です)
「丁寧な仕事してはりますなぁ」→「You’re a slow worker.」(仕事が遅いですね)
「みんな怒ってはる」→「I’m angry.」(私は怒っている)

さすが高島屋さん、賢いこと言わはる。

関連ワード

社会

最近あったニュース

みんなの声

  • 高島屋だぞ…いいのか…

  • 京都人は腹黒さ世界一だから、やっぱりね

  • 京都なら、さもありなん。

  • 普通は外国人スタッフに推敲させるでしょ。
    まさかいないとか?
    それともわざと?

アクセスランキング