人気のトピック

カプコン脅迫、犯罪グループがさらにファイルを公開

サイバー犯罪グループの脅迫を受け、ゲーム大手カプコンの内部情報が流出した問題で、犯罪グループのウェブサイトに17日朝、新たなファイルが公開された。

「ラグナロッカー」を名乗るグループが新たに公開したのは、容量約1・4ギガバイトのファイル一つ。グループはこれまで、カプコンから盗んだデータだとする60ギガバイト超のファイルを公開。
犯行声明では、その約17倍にあたる1テラバイトのデータを盗んだと主張していた。

グループはカプコン社内のサーバーにランサムウェア(身代金ウイルス)を仕掛けて社内情報を暗号化。盗んだ情報を公開すると脅す「二重脅迫」の手口で、交渉に応じるよう要求していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5cb3e9b6a898dfb6e9ddb77819526e9d40032ffe

ニュースへの反応

悪事を働いたハッカーは捕まえて、残りを有用に使うなら生かすそうでないなら首を落とすということができる法整備をしたらいい

デジタル庁で保険証どうのこうの以前に、サイバー犯罪対策をしっかりして欲しい。フィッシングメールが届かない日がないぞ!

まあ盗まれちゃったあとなんだから、今さらどうしようもないし、金なんか払ったところで状況は何一つ良くならないよ。
せめてこんなことしても金は一円も貰えないって分からせることで、今後の被害を食い止めることくらいしか出来ないね。

金を払っても公開されてしまったデータの損害が無くなる訳ではないし、かと言って拒否して更に被害が広がるのも頭の痛い所。
犯行グループのやり口も頭が悪いというか・・・損害与えて「金払え」では企業側も頑なになるだろうに。

関連ワード

社会

最近あったニュース

みんなの声

アクセスランキング