人気のトピック

椎名林檎が激怒した五輪開会式の舞台裏!歌詞に佐々木宏への呪詛が!?

「週刊文春」(3月25日号)のスクープ記事「『渡辺直美をブタに』五輪『開会式』責任者“女性蔑視”を告発する」が大きな波紋を呼んでいる。

椎名林檎も佐々木の振る舞いに激怒したと記事にはあるが、そんな中でにわかに注目を集めているのが椎名が2019年にリリースした曲だ。その歌詞の中に佐々木への皮肉が込められているのではないかと、憶測する声があるのだ。

「椎名の4年半ぶりのオリジナルアルバム『三毒史』に収録された『急がば回れ』という曲の歌詞が、“仕事のできないクリエイター”に対する痛烈な批判を描いたものなんです」(レコード会社関係者)

『急がば回れ』の歌詞にはこうある。

<自称・クリエイターの唐突なじぶん語り ああ気温差やばい業務内容ともう関係ないじゃんよ><やっぱ胡散臭い声ばっか大きいひとダサくて大嫌い><ちゃんとはたらけ プライド迷子><プロフェッショナルとは何? 仕事内容だけで能弁に述べよ>

「この曲はリリース当初リスナーの間でも『一体誰のことを歌っているんだろう?』と話題になっていたんです。それが今回の文春報道が出たことで、『あの歌詞は佐々木のことを揶揄していたんじゃないか』とネット上で話題になっている。とはいえ、この詞がいつ書かれたものなのかは明確に明かされていないので、絶対そうだとは言い切れません。ただ、内容が文春の記事にあまりにマッチしすぎているので、さすが椎名林檎だなと(笑)。たとえ偶然だとしても、この歌詞への共感が多いということは、佐々木のように権威にあぐらをかいた“クリエイターおじさん”がいかに多いかということの証左ですよね」(同)

https://www.excite.co.jp/news/article/Cyzo_271681/

ニュースへの反応

電通らしいクリエイターとか言われてたな。
いいとこ取りだけは上手い。

佐々木は森元が推して演出チームに加入した
森元がバックにいたら そりゃやりたい放題だわな

このおっさんの横暴ぶりに激怒して辞めたのか
開催するかしないかわからないから
降りたのかと思った

五輪控えてライブ強行は何か違和感あったんだよな
もう知らんわそんなもんって気分だったか

こじつけ記事

急がば回れは口だけじゃなくてちゃんと働けって曲なのに
俺に働かせろっていう佐々木を揶揄してるわけがないだろ

椎名林檎が自己紹介しているようにも思えるな

曲聞いてみたらやたらお洒落感満載な音だった
上手だわ

関連ワード

エンタメ

最近あったニュース

みんなの声

アクセスランキング