人気のトピック

「オファー来れば五輪で踊る」。SNSで盛り上がる“マツケンサンバ待望論”に松平健がいま思うこと

東京五輪の開幕が迫った7月某日、平成のヒット曲「マツケンサンバ」がTwitterのトレンドに急浮上する。開会式の音楽担当者辞任を受け“マツケンサンバ待望論”がSNS上に巻き起こったのだ。歌い手はご存じ、マツケンこと松平健(67歳)。正統派二枚目時代劇俳優でありながら、金ピカの着物で妖しく腰をくねらせ歌い社会現象となった。あれから17年、マツケンはいま何を思う? 本人を直撃した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f5d347e806ee31c408e37b2019cec45036afe98b

ニュースへの反応

是非。見てみたい。リオからの引き継ぎの〆にはいいかもね。オファーすべき。マツケンサンバとなれば…それなりの舞台を用意しないと映えないので…問題はソコ。※もしくはパラの〆で。

小賢しい電通寄りの下手な演出より、選手の皆さんや観客が心から楽しめるエンターテイメントはマツケンサンバだと思います。日本の伝統とサンバの融合は以前より評価も高かったでしょう。明日もし松平さんが躍るなら、閉会式を見たいとこころから思います。

上様のお手を煩わせるわけには…とか思いますけどいざ歌って踊ってくださったらわれわれ町の民は喜びますよ。もうマツケンサンバとか葉っぱ隊のYATTA!とかみたいな訳わかんない明るさがないとどうにもならない閉塞感があるのかも。

誰もが戦々恐々として二の足を踏む中、やはり将軍様は立派だ。ぜひ踊ってほしい。

最後位、派手に、キンキラ金の衣装で、華やかに、インパクトを与えて終えるのもありかな。

関連ワード

エンタメ

最近あったニュース

みんなの声

  • ネット上のネタに踊らされて可哀想

  • でも盛り上がっただろうなあ

アクセスランキング