人気のトピック

本当はプンプンできなかった--アラフィフさとう珠緒の実像と「稼げなかった」絶頂期

「プンプン!」両拳を額の上に載せたあのポーズが懐かしい。90年代後半から2000年代の半ばまで、テレビでさとう珠緒を見ない日はなかった。ぶりっ子タレントとして一世を風靡したものの、いつの間にか露出は減り、現在は本人曰く“余韻タレント”としてマイペースに芸能活動を続けている。さとうが第一線から退いた背景には、何があったのか。少しずつ注目が戻り、再ブレイクの予感も漂う今、アラフィフになったさとう珠緒が語る。

https://news.yahoo.co.jp/articles/406f671687c79bcf6632a1355de755848fb2f111

ニュースへの反応

一時でもboomを為しえたことは凄いことです。人は様々な出来事の中で生きていく内に本当の自分自身を見つける事が在ります。さとう珠緒さんは造られた可愛さから本来自身が持つ自然な可愛さになったのかな?って感じました。これからが本当のbreakが来て欲しいものです。応援しますよ!

マスゴミは裁判になったことは報道するけど、その結果についてマスゴミの意図しないものだと報道しない。今みたいにyoutubeやSNSで自ら発信できる時代だったら良かったのに。今でも十分キレイだし、当時ぶりっ子キャラだった分、素を出したらギャップもあって良いかも。芸能界はちょっとしたキッカケで再ブレイクなんてよくあることだし。

さとう珠緒さんを見てて感じることは、ぶりっ子キャラを演じていても、きつい性格でもなければ裏の顔を持っているわけでもなく、ほのぼのした憎めないんですよね。私は同年代ですけど、年齢に関係なくかわいらしい方だと思います。

一競馬ファンとしては、この人は本当に競馬が好きでテイエムオペラオーが好きなんだろうという事が伝わってぶりっ子として嫌われキャラでしたが結構すきでした。
競馬の仕事が引き続きあるといいですね。

良いエイジングだと思います。
記事を通して、素敵な女性だなと感じました。

関連ワード

エンタメ

最近あったニュース

みんなの声

アクセスランキング