人気のトピック

【悲報】平成が終わる2019年は祝日が一つ減ってしまう可能性

 4月1日改元の場合、その年の祝日はひとつ少なくなる。

 現在の天皇誕生日は12月23日、次の御代の天皇誕生日は2月23日である。おわかりだと思うが、その年は4月1日の前(今上天皇の誕生日)にも後(新天皇の誕生日)にも天皇誕生日がないということになる。よって、祝日がひとつ少なくなるわけである。

 今上天皇の誕生日を明治天皇の誕生日(現:文化の日)や昭和天皇の誕生日(現:昭和の日)のようにご退位後も何らかの祝日にするだろうから、結果は一緒だと思う人もいるだろう。だが、明治や昭和と違って、上皇としていらっしゃる方の誕生日を何らかの祝日にすると、結局は上皇の誕生日を祝う日になるのではないか。それは、避けるべき象徴・権威の二重構造を逆に助長することになる。

https://news.yahoo.co.jp/byline/yamashitashinji/20171020-00077149/

ニュースへの反応

2019年は天皇誕生日の祝日はなくなるのか。

頼む~昭和の日(みどりの日)的な感じで祝日のままにしといてくれー!

という事は、2020年から2月23日が天皇誕生日になるのか

日本人なら神武天皇から全て祝日にして祝うべきだ

関連ワード

社会

最近あったニュース

みんなの声

アクセスランキング