人気のトピック

いしだ壱成 3度目離婚で“石田純一超え”「ぼくと父は何か欠落している」

いしだ壱成(47才)が、女優・飯村貴子(23才)と離婚していたことが明らかになった。

2003年に最初の結婚をし、1児をもうけたが2006年に離婚。2014年に再婚するも2017年に離婚。そして2018年に“おめでた再々婚”した相手が、当時19才で24才年下の飯村貴子だった。生まれた娘は現在3才になる。

「離婚理由は経済的なものです。食費も足りず、ずっとつらい状態にさせてしまっていた。実は結婚して1年も経たない頃に『この先もこのまま、生活がまともにならなかったら別れるからね』と言われたことがあったんです。でも、移住してから落ち着いていたうつ病が再発してしまい、定職に就こうとハローワークにも通いましたが、採用してもらえませんでした。

壱成の収入だけでは生活がままならず、飯村は育児の傍ら飲食店やスーパーなどでアルバイトをして家計を助けた。食費を切り詰め、爪に火をともすような暮らしを続けてきたが、明るい未来は見えなかった。

離婚の際の取り決めは、慰謝料はなし、月4万円の養育費、娘との面会は月2回。現在は同居中だが、クリスマス頃には家を引き払う。再び人生の岐路に立たされた壱成は、父・石田純一(67才)に連絡を入れた。

「純一さんには、離婚届を書いた日に電話で伝えました。『あぁ……』っていう、反応はため息のような、声にならない声のような。まあ、いまは本人も大変そうだから(苦笑)。また別の電話で(東尾)理子ちゃんにも伝えました。『はいはい、わかりました、OK~』みたいな感じで。

純一さんとは2才までしか暮らしていないので、記憶はないですが、やはり親子ですよね。スピリチュアリストの江原啓之さん(56才)には、世間を騒がせてきた家族だから“業”があると言われたけど、納得してしまうくらい、ぼくと父は何か欠落している。やっぱり“同じ生き物”な気がします。ダメなところが似ている。

自分が結婚したときは、絶対に離婚しないと思っていました。子供にとって両親がいるという形にとらわれていたところがすごくあって。でも結局、自分が追い求めていたものは、自分が子供の頃に得られなかったもので、単なるエゴだったのかもしれない。3度目の離婚で、2度離婚した純一さんを超えてしまったことは、恥ずかしいです……まあ、向こうも3回目になりそうだという話を聞いていますけど(苦笑)」

https://news.yahoo.co.jp/articles/6c905d36a2694deb68e1cab4ae5a535498d9992a

ニュースへの反応

90年代は菅田将暉みたいなポジションにいたのに

自分の才能を自分自身が大切にしなかったことが運の尽き。
売れっ子俳優といつ誰しもが経験できないこと、才能をもっともっと大切にすれば良かったのに。
今頃、大河ドラマだって視野に入った俳優になっていただろうに。

昔はカッコよかったし悪させず俳優だけやってたらもうす少し見た目も収入もマシだったと思うけど
まあ今更だな

惨め晩年だな
47で晩年を感じさせる事が最も惨めではあるが
一般的な人なら社会人として全盛期の年齢なのにな

この人ハゲ隠ししないから吹っ切れてるのかなと思ったけど
生配信で視聴者に禿げイジリされたらガチギレして奥さん引いてたんだよな
人の禿げを弄るのももちろん悪いけどあの怒り方を見るとすごい気難しそうな印象を抱いた

びっくりするほど出来た奥さんだと思ってたのに…、やっぱり無理だったか。
こんな年上のおっさんに引っかかって馬鹿なのかと思ってたら、割と正気だったな。

関連ワード

エンタメ

最近あったニュース

みんなの声

  • せめて髪がもう少しあったら、
    若い頃の活躍の面影も生きてくるだろうに…

  • 癇癪持ちハゲとかどこにも需要ないやろ
    芸能界辞めてもどっかで借金背負わされそう
    親子ともども馬鹿

アクセスランキング