人気のトピック

河本準一、10年前の“生活保護問題”について口を開く「母親は何も悪くない」

お笑いコンビ「次長課長」の河本準一(47)が23日までに自身のYouTubeチャンネルを更新。12年にあった母の“生活保護問題”について振り返り「母親が責められることは一つもない」と語る場面があった。

「もちろん今でも反省していることだし、リセットできないから」と反省しながらも「これだけは言っておきたいんだけど、悪いのは僕であって母親は何にも悪くないんですよ。母親は不正受給はしてないんですね」と強調した。

「母親は両手が動かなくなって、めちゃくちゃ厳しい審査を通って、受けさせていただいたのが生活保護という最後の砦なんです。それは受ける権利があったんですけど、そこで“息子がなんで看れなかったのか?”というのが争点なんです」と語った河本。

「最初に母親が生活保護を受けてるときは、全く売れてないときで、当時僕は借金もしていて。個人事業主は浮き沈みがあって、でも僕みたいに突然変異でめっちゃ上がるときもあって。そのときに“なんで看てあげなかったの?”っていうところが、僕の完全なミスなんです」と落ち度を認めながら、「母親が責められることは一つもないです。今でも後悔してるけど、十字架を背負っていくしかない」と話していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/44b8ee70a574bf9b00b46e483436a3b74f7dced5

ニュースへの反応

この一件で本当にテレビから消えたからな

あの時、本当に売れていたので勿体無いなというのが印象。
本来なら今も、もっとレギュラー持ってたと思う。
借金も、サラリーマンだって家のローンを皆持っている。
ところで、相方はどこへ行った。

母親が生活保護を受給してる間、仕送りすらせずってのがね。
子供は親の面倒を見なければいけないという事では無いけど、好感度が必要なタレントさんなんでね。
海外旅行に行きました、高い時計を買いました、後輩におごりました、でも親には1円も出しませんというのを目の当たりにするのはキツイです。
仕送り位はしていたのでは?という擁護は止めたほうがいいです。
金銭の授受には申請の義務があり、その分生活保護費が減額されます。もしお母様に金銭を渡していたとしたら、それこそ不正受給をしていたという事になってしまいますから。

貰えるものは貰っておけばいいんだ、っていう発言が本当なら過失じゃないでしょ。
その真偽には触れたのかな。
家族だからといって扶養しないといけないのはおかしい、という声もあるけど、おかしいか正しいかはともかく、少なくとも法律は扶養を求めているのにそれをしなかった(実務的にそれほど厳しく問われる義務ではないようだ)。
不正でないなら、なぜ当時返金などと言い、扶養義務を受け入れて受給を打ち切ったのか。
ミスでは説明できない。
というより、不正受給は故意を要件としておらず(故意の場合は詐欺罪で告発されることもある)ミスだろうがなんだろうが不正かどうかの判断には影響ない。

関連ワード

エンタメ

最近あったニュース

みんなの声

  • 母親だけではない
    姉と叔母も生活保護不正受給
    不正受給していた姉が外国人による不正受給を国会で問題提起した片山さつき議員に対して「地獄を見せてやる」と発言
    その後から片山氏への数々の脅迫行為や酷い嫌がらせ、マスメディアによる“弱者いじめ”という叩きが始まる

  • 外国人の不正受給者が多すぎる。もっと国はしっかりせい。私たちの税金が無駄使い。

    しかし河本さん。かれは何も悪くない。頑張れ河本。応援するよ。

    大好きです。

アクセスランキング