人気のトピック

有名老舗焼き鳥店が閉店 看板メニュー“生つくね”がSNSで炎上も「叩かれて当たり前」

東京・東日本橋にある焼き鳥の名店「江戸政」が、20日に突然閉店した。店頭の店主による貼り紙では「突然ではありますが、諸事情により、このたび江戸政は、2022年9月20日をもちまして、閉店することとなりました」とあり、急な決断だったことを表している。

続けて「これまでの皆様からのご支援、心より感謝申し上げます。お店に足を運んでくださった皆様、長い間、本当にありがとうございました」と結んでいる。1924年(大正13)に創業。平日午後5時に開店し、長くても2~3時間しか営業しない立ち飲みの〝幻の焼き鳥屋〟として評判だった。98年続いた老舗としては、あまりにもあっけなすぎる別れとなった。

閉店した20日には「食の安全と飲食店への信頼を脅かす営業をしていたことに責任をとり本日にて両国橋際江戸政を閉店することを決断しました。SNSの内容を重く受けめ、騒動の発端への責任をとるためにも閉店します。お騒がせしてしまい誠に申し訳ございません(原文ママ)」と謝罪している。

続けて「自分が閉業を決意したのは、SNSで叩かれたからではありません。叩かれて当たり前の時代に未だに生を出し、お騒がせしたことを深く受け止め自業自得の責任をとる。と、いう事です。炎上の原因は自分の認識の甘さが招いたことです」と、閉店理由を説明した。

店主は別の投稿で、店を継ぐ際に「もし当代の自分が運営する江戸政の中で食中毒を出した場合、その日に江戸政を閉店する」ことを決意していたことを明かしながらも「食中毒を出してしまったら、江戸政を閉店したとしても、その方が危険な状態になる可能性を何よりも一番に考えるべきだったと感じています」と、難しい立場を明かしていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ca72db21ad5dc3035256911405f81e8f90ffefc2

ニュースへの反応

カンピロバクターはやばいからね

これで火がついたのか

でこうなったと

ギラン・バレー症候群の原因がカンピロバクターって発覚してからは鶏生肉は禁忌になったな
美味しいとかそういう問題じゃない

御呼ばれで行ったお店で新鮮な鳥だから、という触れ込みでささみの半生の焼き鳥を一串出されて、お店で出てくるものだし、新鮮なささみを生食する事がある、と聞いたことがあったので迷ったけれど自分だけ突っぱねるのも、と思って食べたら見事に当たったことがあります。
最近はカンピロバクターの後遺症もわかってきましたし、会社がらみの接待などでは断れない。当たっても言えない、というケースはあったでしょう。
元々の鳥が汚染されていた場合、お店で完全に防げるものではない、ということを理解されての閉店かと思います。
腕に自信があるだけに管理をしっかりしていれば食中毒になることはない、という思い込みがあったのかもしれませんね。

あまりにあっさりと閉店したので、おそらく今の店主には鶏肉の生食はハイリスクという認識があったんじゃないかなと思った。
ネットでの口コミ投稿やSNSがこれだけ発達した現代においてハイリスクな生肉出して大きな食中毒事件や死者を出した時の店の損害は相当大きいしその時は閉店まで追い込まれると思う。事件が起こる前の閉店なら世間から憎まれずに惜しまれて綺麗に終わらせることができる。
経営者として生つくねによる利益とリスクを天秤にかけた結果だと思う。

つくねだけに叩かれて当たり前ってか

関連ワード

エンタメ

最近あったニュース

みんなの声

アクセスランキング