人気のトピック

仲本工事さん通夜 加藤茶、高木ブー参列 悲しみ癒えぬまま

横浜市内で乗用車にはねられる事故に遭い、急性硬膜下血腫のため19日に死去したザ・ドリフターズの仲本工事(なかもと・こうじ、本名仲本興喜=なかもと・こうき)さん(享年81)の通夜が22日、都内で斎場で営まれ、ドリフのメンバーの加藤茶(79)と高木ブー(89)が参列した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/405af2efd8bf6a01e268a699a1c04aeb1923f69f

ニュースへの反応

志村さんといい、仲本さんといい突然の不幸で本当に残念です。ドリフターズは、本当に面白かったし一度だけ私の地元にも来たのを小さい時の記憶にあります。それだけ強烈でした。「8時だよ全員集合」は他の番組が対等してきても最後まで見させてもらいました。今の芸人さんとは違う面白さがあったと思います。1つの時代が終わりつつあるのかなーと思ってしまう出来事の1つですね。くだらない誹謗中傷とか、してほしくないですね。犯罪者じゃあるまいし…静かにしてあげるのが、日本人の美徳だと思いますよ。

追悼の言葉は仲本工事さん御本人に直接伝えればいい。心の整理がつかない辛い状態でマスコミに向けて、視聴者に向けて出すものでもないと思う。深い絆で結ばれた方が悲しい亡くなり方をしたのだから、できる限りそっとしておいてほしい。

お悔やみ申し上げます。マスコミは故人の関係者にコメントを求めすぎだと思う。故人との関係が深ければ深いほど衝撃は大きく悲しみは深いと思う。コメント出せなくて当たり前でしょう。これはちょっとだけ想像力があれば容易に理解できることでしょう。コメントが無いことをわざわざ記事に入れなくても、と思う。

心の準備をする猶予さえ与えられぬまま、ある日突然、大切な人が目の前から消え去ってしまう。

これほど辛いことはそうはないと思う。病気で患った後に亡くなる方がいいというわけではないけど、残される人たちからすれば、心の準備がある程度は出来るし、これまでの感謝の気持ちも伝えられる分、気持ち的には楽でいられる。親、兄弟、子ども、友人。長い人生の中で深く、強く関係を築いてきた人と最後に何の言葉も交わすことなく別れることなんて想像したくない。加藤さん、高木さんからすれば、生前の仲本さんの元気な姿しか脳裏に浮かばなくて、亡くなったことが今はまだ現実のように感じられないのではないか。本当に突然すぎるよ。

仲本工事氏の通夜には加藤茶氏も高木ブー氏もやはり参列されたんですね。悲しすぎてコメントも出せないという事だったから志村けんさんに続いての突然の死なので本当に計り知れない辛さと悲しみが有るでしょう。81歳の高齢でも前日までは元気にテレビにも出演していたし年末にはドリフの特番も決まっていたというから本当に残念しかない。年末は追悼番組になるのかな。お二人の辛さは分かるのであえて追悼コメントとかインタビューは止めて欲しいネ。落ち着いたらゆっくりとコメントを取れば良いでしょう。今はそっとして遠くから温かく見守ってください。改めて謹んでご冥福をお祈りします。

関連ワード

エンタメ

最近あったニュース

みんなの声

アクセスランキング