人気のトピック

W杯 解説対決…本田圭佑は「松木安太郎の後継者」vs 中村俊輔は「声量が中森明菜」

11月23日、サッカー日本代表はグループリーグ初戦で、強豪国のドイツに2対1で逆転勝ちを収めた。

話題を集めたのが、ABEMAの中継で解説を務めた元サッカー日本代表の本田圭佑(36)だ。

試合開始直後から “本田流” のフランクなしゃべりで、日本代表のプレーに「いいっすね!」と褒める。
前半8分に日本のシュートが相手ゴールネットを揺らした場面では「イエス!」と絶叫。

しかし、直後に線審がフラッグを上げたのを確認すると、絶叫を続けるアナウンサーを落ち着かせるように、誰よりも早く「オフサイド! オフサイド! オフサイド!」と冷静に状況を説明していた。

そして、後半の日本の同点、逆転シーンでは「よし!」「まだあるぞ!」「おー! 来たぞー!」「守るだけっすね! あと!」とハイテンションで、視聴者と “一体化” していた。

この解説を聞いたネット上の視聴者からは、長らくサッカー解説者として活躍する「あの人物」を思い浮かべる人も多かったようだ。

《本田圭佑は、松木安太郎の令和版ってことですね》
《まさか松木安太郎の後継者が本田圭佑とは思わなかった》
《松木安太郎の面白さに戦術眼のある本田圭佑の解説は本当に良い》

じつは、この日は直前までフジテレビ系列でモロッコ対クロアチア戦が生中継されていた。

この試合の解説には、元サッカー日本代表で、先日、引退した中村俊輔(44)が登場した。日本戦より感情移入が難しい試合だったと思われるが、本田に比べて、中村は落ち着いたトーンで話していた。

しかし、もともと低い声のためか、中村のボソボソとしたしゃべりが気になった視聴者も多かった。

《中村俊輔の解説の声量が中森明菜レベル》
《昨日のドイツ戦、解説の声がすごい小さくて誰やねんこれ!聞こえねえよ!と思って調べたら中村俊輔だと分かった瞬間、全て許した。そして耳を澄ました。》
《中村俊輔の解説、普段サッカー観てなさそうな層からは声小さい聞き取れない元気出せと不評な一方で普段サッカー観てそうな層からは興味深い解説いつものローテンションいいマイク用意しろって言われてるの愛だなと感じる》

https://news.yahoo.co.jp/articles/3b7199a9dfd5cf541c12de8ad27fa0e082fa581a

ニュースへの反応

松木安太郎の後継者って褒め言葉なの?

本田の解説は結構的確だったと思うけどな

本田解説は三笘を理解してて好感度が高かった

「三笘さんは一人で行けるからサポートはいらない、いくとディフェンスが増えるから逆に抜けない」
とか戦術眼というか勝負勘がいいんだよな
勝負強かったのも妙に納得してしまった

俊さんの解説嫌いじゃないけど声低いのに声量ないから暗いんだよな
日本戦の解説は多分任せられない

確かに声は小さいけど俊さんの解説は何が起こってるのか解説してくれる
ゲームメイカーらしく中盤をよく見てて得点に繋がる動きを解説してたな

俊さんも良い相方がいればいいだろうけど一人だと遠慮しがちだな
関西人との差だろうか

明菜の声量舐めんなよ

中森明菜は歌以外では声をケチってると当時誰かが言ってたなあ

関連ワード

エンタメ

最近あったニュース

みんなの声

アクセスランキング