人気のトピック

「消えた郵便貯金」の催告書、8割届かず 3年で24万件が宛先不明

満期から約20年が過ぎて貯金者の権利が消滅した郵便貯金が急増している問題で、貯金の引き出しを促す「催告書」の8割が貯金者のもとに届いていないことがわかった。登録された住所が違うことなどが原因とみられる。多くの貯金者やその相続者が、その存在に気づかずに資産を失っているおそれがある。

郵政民営化前の定額貯金などを管理する郵政管理・支援機構が、朝日新聞の取材に明らかにした。

2007年の民営化前の定額貯金などは、旧郵便貯金法が適用され、満期後20年2カ月で貯金者の権利が消える。ここ数年で消滅額は急増し、昨年度は計11・7万件で457億円に達した。

同機構が発送した催告書は、19年度6・4万件、20年度9・2万件、21年度15・0万件。返送されたのは19年度5・7万件、20年度7・2万件、21年度11・5万件。3年間の合計では発送が30・6万件、返送が24・4万件だった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ea746cb3aa54a401ce9b60f36438ef33009d32f0

ニュースへの反応

1年457億とか、意外と大きな収入源になってそう
期間で消滅って、楽天の期間限定ポイントじゃないんだからさぁ

法律で権利が無くなるからって絶対に徴収しなければいけないという性質のものでもないだろうに。
郵便局に善意があるなら返せ。

利用者側に貯金証書があって郵貯側に帳簿が残っていて凸合できる状態なのに払い戻さないのは正義に反するよな

問題なのは預金者本人が自分の財産に無頓着な事です。
窓口をやってて感じた事ですが、作った事を忘れてるケース、通知を出しても無視するケースもですが、やはり転居しても届出をしないケース。
無限に追跡は出来ないので応答が無ければ収納されるのは仕方ないと思います。
これは長期定期でなく短期定期(1年物)でも同じで満期になっても放置される方が多く、満期放置で次ぎを作り、1人で40件と定期を作る方もいました。
そういう人は40件の印鑑を管理できる訳でもなく解約時に印鑑照合出来なくて困るのですが。

預金口座やクレジットカードなどは、高齢者になる前に、ある程度整理するべきであり、休眠口座や使用しなくなったキャッシュカードは整理しておくべきと思います。
住所変更してもマイナンバーカードが連携していれば、追跡可能と思いますので、調査しやすいと思います。
家族にも、死後の手続きしやすい様に、準備すべきと思います。

関連ワード

社会

最近あったニュース

みんなの声

  • 金融機関ではこういう事故を未然に防ぐため、必ず「名寄せ」という処理を行い、
    預貯金債権の権利所有者を特定する作業をつねに行っているが、
    メガバンクや都市銀に比べゆうちょ系システムはその処理が甘いというか苦手というか
    実はあまり機能してないと聞いたことがある。
    まさかとは思うが、本気で預貯金債権の権利所有者を特定する気はない、のではないだろうか?

  • んなこと言っても連絡無しに住所変わってるんじゃどうにもならんだろ。遺産整理でもきちんと調べないとか。今時は個人情報の取り扱い厳しいから郵便局からじゃ調べられんだろ。

  • マイナンバーとかで一元管理出来れば問題の多くは解決する。自分や家族の財産を自分達できちんと管理するか、知らない間に失う事を仕方ないとするか、個人情報の政府管理を受け入れるか、3択でしょ。
    俺はマイナンバーできっちり管理してもらうのが楽だけどな。

アクセスランキング