人気のトピック

羽生棋聖、史上初の「永世七冠」まであと1勝

将棋の第30期竜王戦七番勝負(読売新聞社主催)の第4局が23、24の両日、新潟県三条市で指され、挑戦者の羽生善治棋聖(47)が渡辺明竜王(33)に勝ち、対戦成績を3勝1敗とした。あと1勝してタイトルを奪取すると、竜王の獲得が通算7期となり、「永世竜王」の資格を得る。羽生棋聖は、既に六つのタイトルで永世称号の基準を満たしており、「永世七冠」となれば史上初の快挙だ。

永世称号の規定は、「通算5期獲得」「5連覇」など各タイトルごとに定められている。原則として引退後に名乗ることになる。羽生棋聖は2008年、六つ目の永世称号「永世名人」の資格を獲得。同年と10年、残る「永世竜王」をかけて渡辺竜王と対戦したが、いずれも敗れた。永世竜王の基準は「5連覇」か「通算7期獲得」。

次の第5局は12月4、5の両日、鹿児島県指宿市で指される。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171124-00000077-asahi-soci

ニュースへの反応

やった!あと一つ!

明らかにソフト指ししてた渡辺を羽生のソフト越えの指し回しで粉砕!!!

またソフトを上回る手順で寄せたなw
ほんと天才だわ

こうして悪の竜王は退治されたのでした
めでだしめでたし

羽生からなんとか藤井君につないでほしいなあ

またワイドショーで羽生さんが何食べたとか話題になりそうな予感

関連ワード

エンタメ

最近あったニュース

みんなの声

アクセスランキング