人気のトピック

園児が遊ぶ声「うるさい」 訴えた男性、敗訴確定

「園庭で遊んでいる園児の声がうるさい」として、神戸市の男性が近隣の保育園を相手取り、慰謝料100万円と防音設備の設置を求めた訴訟の上告審で、男性の敗訴が確定した。最高裁第三小法廷(木内道祥裁判長)が19日付の決定で、男性の上告を退けた。

一、二審判決によると、保育園(定員約120人)は2006年4月、神戸市東灘区の住宅街に開園。高さ約3メートルの防音壁が設けられたが、約10メートル離れた場所で暮らす男性は「園児の声や太鼓、スピーカーの音などの騒音で、平穏な生活が送れなくなった」と提訴した。

7月の二審・大阪高裁判決は、園児が遊ぶ声は「一般に不規則かつ大幅に変動し、衝撃性が高いうえに高音だが、不愉快と感じる人もいれば、健全な発育を感じてほほえましいと言う人もいる」と指摘。公共性の高い施設の騒音は、反社会性が低いと判断し、一審判決を支持した。

https://www.asahi.com/articles/ASKDP5RC9KDPUTIL03M.html

ニュースへの反応

最高裁まで争って老害ざまあという判決

子供の声は騒音ではない。我慢しろってことでいいんじゃね

いい加減に公共性の高いものは騒音としないって法整備するしかないわ

長生きし過ぎなんだろうな

原告は子供の100倍はうるさい奴だと思われる

関連ワード

社会

最近あったニュース

みんなの声

アクセスランキング