人気のトピック

さくらももこだけじゃない?小林麻央ら芸能人がハマる怪しすぎる「がん民間療法」の黒い罠

漫画家・さくらももこさんが8月15日に乳がんで亡くなった。
だが、亡くなってはじめて、さくらさんの10年にも及ぶ闘病生活が明かされ、その取り組みに驚いた方も多かったようだ。

「さくらさんは切除手術は受けていましたが、抗がん剤は使わないと決めていました。代わりにハマっていったのが、いわゆる民間療法です。20代後半から続ける飲尿療法をはじめ、寝る時に愛用した備長炭のマットや、波動を測定するドイツ発祥の『バイオレゾナンス』なる治療法も取り入れていました。(週刊誌記者)

さくらが晩年、宇宙や精神世界、死後の世界などスピリチュアル方面に傾倒していたのは著書からも知られている。だが、なぜ傍目から見ても”怪しい”民間療法に、さくらはハマっていったのか。

「民間療法にハマったのはさくらだけではありません。小林麻央(享年34・乳がん)や川島なお美(54)ら、知性派と言われる芸能人ほど、ガンになった途端、すがるように民間療法を選んでいます。小林は乳房を切除しない『水素温熱免疫療法』なる治療を選び、1億円とも言われる治療費を支払っています。結局、その”クリニック”は医療届を出しておらず、その後、業務停止命令を受けています。川島は『純金製の棒で、気の力を使って病気の根源の邪気を取り除く』”ごしんじょう療法”なる治療に傾倒していきました」(同記者)

ほかにも芸能人では、忌野清志郎(享年58歳・がん性リンパ管症)や緒形拳(享年71歳・肝臓がん)も一時は「玄米菜食法(マクロビオテック)で癌が消えた」としながらも、完全な克服はできず結果的には”進行を早めた”との見方も強い。最近では、竹原慎二(46)や山本KID徳郁(41)も民間療法を選択しているという。

http://dailynewsonline.jp/article/1514858/

ニュースへの反応

宗教と同じだね弱みにxxx

人間弱気になると宗教にハマるもんな。
オウムとかにも東大出身いたし、学歴や知能は無関係みたい。

ハマるっつーか、もうそれしかすがるものがない状態なんだろ

民間療法はプラシーボだからなあ

俺もガキの頃、母ちゃんにイタイのイタイの飛んで行けぇ~とかいうまじないみたいな民間療法されてた事あるわw

スティーブ・ジョブズもこれで手遅れに

関連ワード

エンタメ

最近あったニュース

みんなの声

  • 海外事情に詳しいとそうなりますね。抗がん剤とか日本でくらいしか使いませんし。
    免疫療法って意味では、怪しい民間療法も「イワシの頭も」なんでしょうけど、ふつーに薬飲んで、ヘラヘラ笑って過ごしてれば、3年って言われた人でも10年は生きますし、異様なお金がかかる時点でなんか怪しいと思うべきですよね。

  • 海外でも抗がん剤は使っています。きちんと論文読んで、根拠のあることを言って下さい。

  • 書き方間違えました。日本で使われている抗がん剤はアメリカでは認可の降りない種類の物だけですね。大体日本の医療はアメリカから5年から10年遅れて普及しますが、抗がん剤に関しては20年遅れていると言われますね。利権のからんだ認可の問題は大変に根深いようです。
    身内に医者、身内のガンで結構勉強させていただきました。
    脳ダメージのある場合、ガン切除を行う場合、わざわざ来日する外国籍の方は多いのに、いわゆる根治は日本で行わない理由の一つの様です。
    「日本人は死と向き合うのが下手でクヨクヨするし、効きますよと言ってあげられる薬でもないと、自殺しちゃうから」とも言ってました。
    うちの父は能天気で、前立腺からリンパに転移していますが、身内医者のアドバイスで抗体ホルモン(主に女性ホルモン)だけでヘラヘラと笑って元気に生きております。
    抗がん剤については医療の闇としか言えない感じですね。リンクをいくつか貼り付けてみたのですが、はじかれましたので日本の抗がん剤、認可などのワードで検索してみてください。

  • 承認格差ってワードが良いかも

アクセスランキング