人気のトピック

元巨人・角盈男氏がお詫び…「宣伝部長」務める長男の工務店が“3.5億円”夜逃げ

「息子の会社の件なので、俺は直接関係ないんだから。役員でもなんでもないんで」

本誌の直撃に、自ら経営するバーの店先で、怒気を含んだ声で答えた角盈男氏(66)。1980年代、巨人のリリーフエースとして“新・8時半の男”と呼ばれ、日本ハム、ヤクルトでも活躍。1992年の引退後は、コーチや解説者、タレントとして活動してきた角氏。その「息子の会社」に、何があったのか。50代男性のAさんが嘆く。

「一晃氏の会社に、家の新築工事の着手金と中間金で、1800万円を払っています。来年1月に完成する予定が、まだ着工すらされていません」

一晃氏とは角氏の長男で、埼玉県川越市にある「T.O.I.工務店」(以下、T工務店)の経営者だ。現在35歳。

「一晃氏も元プロ野球選手です。東海大相模高時代は、原辰徳氏以来となる1年生で四番を務め、3年時には主将としてセンバツに出場。その後、白鴎大学を中退し、ドミニカ共和国のサマーリーグに参加した際、エンゼルスにスカウトされ、2009年に3Aまで昇格しました」(スポーツ紙記者)

帰国後は独立リーグに所属したが、2012年に引退。福島県で建設業に就いた後、2016年にT工務店を設立した。Aさんが続ける。

「今年2月に住宅展示場で出会った、アメリカの西海岸風の住宅にひと目惚れしました。営業担当者の名刺の裏には盈男さんの写真があり、『宣伝部長』と書かれていました。『うちは角さんの息子がやってる会社ですから安心ですよ』と言われ、私は盈男さんの現役時代を見ていた世代なので、『なら大丈夫だ』と思ってしまいました。商談では、ラベルに盈男さんの写真がプリントされた水を出され、サイン色紙もプレゼントされました」

6月にAさんはT工務店と住宅の建築工事を契約。代金は税込み2800万円で、着手金が850万円。さらに、中間金を850万円、引き渡し時に1100万円を支払う契約だった。

「契約直後、まだ着工もしていないのに、一晃社長は『中間金を払ってほしい』と要求してきました。それも、当初より100万円高い950万円でした。業者に動いてもらうためだというので、渋々支払いました」

しかし、8月に着工予定だった工事は、11月になっても始まらなかった。

「営業担当者を問い詰めると、その場で一晃社長に電話したのですが、繋がらないのです。『社長は逃げたんじゃないの?』というやり取りをしたのが、11月18日の金曜でした。結局、翌週になっても社長はつかまらず、“夜逃げ”だとわかったのです」

全文はソースで

https://news.yahoo.co.jp/articles/01c1b797d760a6ea06527afa5c96db0d582fab6d

ニュースへの反応

鹿取 角 サンチェ

返済出来る額じゃないし返済する気なんかないよ

金策出来るとも、それで解決できるとも思えないよなあ。
着手金等払わせて未着工の人なんか、身動きもとれないし被害が大きすぎる。
逃げてことを大きくするより、破産処理すればよかったのにと思う。

有名人が親とか何の保証にもならん
むしろそんなの売りにしている時点で大丈夫かこの会社ってなるわ

角の時代は給料安かったからもう庇ってやる金無いだろうな

角は雰囲気が胡散臭かったけど、トラブル起こしたりはしなかったのに。
左のサイドスローかっこよかったよ。

関連ワード

エンタメ

最近あったニュース

みんなの声

アクセスランキング