人気のトピック

「自分以外の家族がコロナに…」コロナ第7波で長女出産の鈴木亜美さんが舞台裏を独白

新型コロナウイルス感染拡大の第7波がピークを迎えた今年8月、歌手の鈴木亜美さん(40)は、第三子となる長女を出産した。妊娠期間中に自分以外の家族3人がコロナに感染し、自宅での隔離生活を余儀なくされた。コロナ禍の妊婦生活と出産を、どう乗り越えたのか。TBSテレビ系「報道の日2022」の取材に語ってくれた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8f760324ea5519b1038ba844753db2a0164ba33d

ニュースへの反応

出産間際でコロナとかさぞかし気が気でなかったでしょう。でも家族の支えもあって無事出産で良かったし、これからもコロナの不安は多いと思いますが、どうか支えあって欲しい。

コロナをこわいものとして捉えて、ちゃんと手を洗えていなかったかな?なんて心配するの心配。子供が潔癖になったり強い不安が残ると生きるのが辛いと思って、風邪の一種、かかる時はかかる、大丈夫!って子供に言ってます。でもコロナ禍での出産は大変だと思います。無事に出産出来て良かったですね。

コロナに限らず親は自分が病気になると子どもに影響ないか心配になりますよね。自分が生まれた頃は風疹が流行っていて抗体の検査をしたと聞かされました。コロナはまだ未知な部分が多いため慎重になる気持ちわかります。

自分のリスク管理は自分でやれば良い。他人の健康管理に口を出すような無責任な人が多い。ワクチン接種もワクチン非接種も、マスクも反マスクも『自分の為だけにやれば良い』他人を巻き込もうとしたり、社会を無理やり変えようとする必要など無い。他人の健康がどうなろうと責任が持てないなら口を出すな。といつも思う。

妊婦さんにとっては本当に心配だったり気を遣ったりで大きなストレスにもなったかと思います。でも今のコロナの実態を鑑みると、マスコミや専門家等が必要以上に恐怖心を煽ったり、大騒ぎしているせいで、振り回された被害者でもあるような気がします。もちろん、コロナなんて無いに越したことはないんでしょうけど、政府やマスコミや専門家と呼ばれる人たちは過度な情報拡散ではなくもっと正しく恐れたり、対処できるような情報発信を心がけてほしいものです。

関連ワード

エンタメ

最近あったニュース

みんなの声

アクセスランキング