人気のトピック

コムアイ「アマゾンで出産」宣言に専門医「日本での出産を勧めます」母子ともにリスク

《ある意味「一番安全」なのが、アマゾンなんじゃないかという結論になりまして》

5月5日、「ニッポンドットコム」に掲載された、水曜日のカンパネラの初代ボーカルでアーティストのコムアイのインタビューが話題を呼んでいる。

コムアイは、2023年3月10日に第1子妊娠を発表している。父親は映画監督で文化人類学者の太田光海氏だ。そして今回、インタビューで、第1子をアマゾンで出産する予定であると発表したのだ。

「コムアイさんと太田さんは入籍をしていません。4月27日に掲載された『NEUT Magazine』上の2人のインタビューによれば、《恋人のまま妊娠しているだけ》という状態で、事実婚でもないということです。太田さんは映像作家としても活躍しているため、妊娠しているコムアイさんの姿を撮影し、出産するまでの様子を記録した映画『La Vie Cinematique 映画的人生』を製作し、上映する予定だそうです。そのための資金をクラウドファンディングで募っており、5日の時点で600万円以上のお金が集まっています」(週刊誌記者)

しかしなぜ、アマゾンでの出産を選択したのだろうか。

「インタビューによると、コムアイさんは、父親の存在を軽視しがちな日本の産婦人科医に違和感があり、自然分娩にも以前から興味があったそうです。《昔ながらの方法のほうが、私が理想としている出産に近い》と語っています。そこで、太田さんの友人がいる、アマゾンの熱帯林で暮らすワンピス族の村で出産することを選んだそうです」(同前)

「日本での出産をおすすめします」

と語るのは、産婦人科の専門医で、三軒茶屋ARTレディースクリニックの坂口健一郎院長だ。

「妊婦健診は、赤ちゃんの成長に問題がないか、また外表奇形や臓器異常がないかを確認するためだけでなく、糖尿病、高血圧、蛋白尿などの、お母さん側の体調管理に関しても重要な役割を果たしています。検診をおこなわないと、お母さんの体調がわからないまま出産することになりますし、赤ちゃんに重篤な合併症を引き起こす可能性が高くなります」

また、実際に出産する際も、アマゾンの村ではハイレベルな救命医療を受けづらくなる可能性がある。

「妊娠さえすれば、無事に出産できると考えている方が多いですが、これは妊婦健診がきちんとおこなわれているからこそ。陣痛微弱や胎児機能不全、常位胎盤早期剥離など、発症リスクが低いせいで軽視されがちな、危険な合併症があります。こうした合併症が起きた場合、胎児死亡や、母体死亡というケースがあることを忘れてはいけないと思います。出産後も、現地の水や食料が日本とは比較できないほど清潔ではないことは理解する必要があります」(坂口医師)

また、現地の人とコミュニケーションが取れるかどうかが問題だという。

「コミュニケーションに不安があれば、日本で出産されたほうが、安心を確保できると思います。コムアイさんが現在、30週を過ぎているとすれば、塩分の取り過ぎや甘いものの過剰摂取による高血圧症や、妊娠糖尿病のリスクも注意してほしいですね。そこだけ注意すれば、分娩までのリスクは低いでしょう。しかし、あと2カ月で出産ですよね……。もし私の患者だったら、日本で出産された後、落ち着いてから渡航されることをおすすめします」(坂口医師)

https://news.yahoo.co.jp/articles/ad7215d6849f45181a08ddf519622c3d71d0a6c9

ニュースへの反応

アマゾンで出産は凄い度胸だと思う
絶対やらない

感染症とか危ないだろ
なんで安全な日本で暮らしながらリスク背負いにいくんだろう…

まず映画ありきなのな

映画化したい
そうだアマゾンで産もう
とりあえず資金くれ
凄いな

子供の事など微塵も考えてないな
なんの罰ゲームだよ

産婦人科くらいで違和感あったら今後の子育て大変そうだな
ずっとアマゾンで暮らした方がいいかも

映画は出産でエンドかもしれないけどさあ

関連ワード

エンタメ

最近あったニュース

みんなの声

  • 昔ながらの出産してた頃の方が、今より父親の存在が軽視されてたと思うけどな。日本だけじゃなくどこの国でも。

  • 誰?

  • 出産祝いまで、承認欲求のネタにするのか…。恐ろしい女さんだな。

アクセスランキング