人気のトピック

まる子が薬物中毒に…『ちびまる子ちゃん』の二次創作が警告受け削除

『ちびまる子ちゃん』の“危なすぎる”二次創作作品が物議を醸している。

そのタイトルは『シャブまる子』。このマンガでは、まる子、たまちゃんら3年4組のメンバーが成長した後の姿が描かれている。薬物中毒に陥ったまる子がはまじの助けを借りて更生を決意するが――、といったストーリーだ。

作者が同作をTwitter上で発表すると大きな反響を呼び、回を重ねるごとに盛り上がりも高まっていった。しかし突如、結末が描かれる前にすべて削除されることとなった。

削除の理由について作者は《公式様から警告を受け該当のツイートを複数削除いたしました。二次創作とはいえ度が過ぎた事を反省しております。このたびは大変申し訳ありませんでした》と5月8日にTwitterで明かしている。

この対応にネットでは続きが見たい、悲しいと言った声があがる一方、削除は当然といった意見も数多く出ている。

本誌はこの件の経緯について株式会社さくらプロダクションに問い合わせたところ、日本アニメーション株式会社から「本件は弊社が窓口となって対応したものですが、回答は控えさせていただきます。」と連絡があった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/cdc6708697f448e7e75508ee4698675f21f56cc0

ニュースへの反応

表現の自由はあるけど他人の作品でやるなよ

こういうのオリジナルでやれと思うけど、2次創作じゃなければ箸にも棒にも引っ掛からないし埋もれちゃうから既存のキャラでやっちゃうのかも知れん
単なるパロディーとしても悪意あり過ぎ

2次創作はアンダーグラウンドでやるからお目こぼしされているのに
こんなTwitterでやったらアカン
調子に乗るなと一喝されて当たり前

これ裁判したらどんくらい金取れるもんなんだろ?
懲罰的な賠償はないから勝ってもはした金なのかな?

公判へ続く

関連ワード

エンタメ

最近あったニュース

みんなの声

  • 実力もないクセに承認欲求だけは一人前

  • 表現の自由は、社会的責任とともにあって初めて主張できるんだけど、しらんのだろうな
    でも一度ちゃんと訴えたほうがいいぞ

  • 公判へ続く  に激ワロタ。

  • 表現の自由 は言論弾圧する絶対的権力に対して向ける思想なのであって、自己表現を阻害・対立するものすべてに向けていいというものではない。 拡大解釈が過ぎる。

  • 好きなバイオレンスサザエさんもヤバいのかな…

アクセスランキング